おすすめのガスコンロ交換業者 徹底比較ランキング

Home > ガスコンロ情報 > ビルトイン式のガスコンロは天板と五徳が基本

ビルトイン式のガスコンロは天板と五徳が基本

ガスコンロにはテーブル式とビルトイン式の2種類がありますが、もしビルトイン式のコンロを選ぶとするならば、その選び方の基本は天板部分と五徳部分といっても過言ではありません。
というのは機能よりもここらを重視して選ぶのは、そこが毎日目に見える部分だからです。
まずコンロは料理を調理するために使用されますが、そこでは煮物料理だけでなく油物の料理も多用されます。
もちろん使用すれば汚れるわけですから掃除をしなければなりません。
その掃除をする際には誰しもできるだけ購入当時の姿を長持ちさせたいと願っています。
その購入当時の姿を長持ちできる可能性をもたらすのが、天板部分と五徳部分となります。
天板部分は価格の高価な順番からガラストップ、ガラスホーロー、ホーロー、フッ素などに分類されます。
そのうち一番高価なガラストップはホーローでなくてガラスでできています。
ガラスなのでわずかな洗剤ですぐに汚れを落としやすいし、ホーローと違って塗装が熱ではがれたりなどの心配がなくなります。
五徳はホーローとステンレスがありますが、こちらはホーローを選択となります。
ステンレスの場合は熱のために変色してしまい、ホーローに比べて見た目の変色のために愕然としてしまう場合があるからです。



お手入れの時短ができるガスコンロ

ガスコンロを使用する大半の方が、お手入れに難色を示しています。
購入を検討する際には、洗いやすさにも拭きやすさにもこだわったゴトクに着目します。
例えば、角を極力少なくしていたり、通常は2点止めであるものの、ガタつきやズレにくさでは3点止めならば、確実に位置が決められます。
さらにガスコンロには大抵、煮こぼれに対する汁受け皿があり、器具内部に侵入し、溜まった汚れのお手入れを難しくします。
バーナーリングの外径と内径に、傾斜がついたパッキンを装着しているタイプであれば、汚れも溜まりにくく、煮こぼれの侵入をしっかり防ぎます。
また、天板にも種類があり、美しさと強度があるのは、ガラスコートトップです。
表面がガラス質だから、汚れがサッと拭き取れ、衝撃に強いからキズがつきにくく、長く使えます。
その他、熱やキズに強いのはホーロートップで、耐久性に優れ、独特の風合いも魅力です。



ガスコンロは多くのタイプから選定出来ます

毎日の生活の中では定期的に食事を行っていますがこれらの調理の際にはガスコンロを利用しています。
これはライフスタイルに応じた様々なタイプが有りまして、例えば独身世帯においては一口タイプのコンパクトなコンロや、或いはコンロの高さを低くしたスタイリッシュなデザインのタイプも用意されています。
そして家族で使用する際には一定量の食材を調理する事となりますので、三口タイプのコンロや魚を焼くグリルを備えた対応も選定する事が出来ます。
ガスコンロは安全面への対応としまして吹きこぼれなどの際に自動的にガスを遮断する機構や、或いは鍋の温度を測定して温度の異常上昇時に火を止める安全装置が備わっています。
これらのガスコンロは複数のメーカーが販売していますので、比較サイトを活用するなどして各社の特徴などを把握検討する事が大切です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP